▲Page Top

設立理念は「真理がわれらを自由にする」 [2020.3.15]

JUGEMテーマ:わんこ

 

 

 

 

 

 

初めて足を踏み入れた国会図書館

 

プラチナの近くには国会図書館なる日本に東京と京都にしかない

 

国立図書館があります。精華町の大きくて知的な建造物がそれです。

 

 

日本国内で出版されたすべての出版物を収集・保存する日本唯一の

 

法定納本図書館だそうで漫画や週刊誌などもあるそうです。

 

建物は知っていたのですが、一般市民が入れると知らなかったので

 

興味を持っていなかったのですが先日入れると知り、

 

なら是非行ってみたい!と足を運びました。

 

 

入り口で入館IDを作ってもらって改札機のようなところを通って

 

閲覧室へ行きます。持ち込めるのはパソコンや貴重品などですが

 

A4サイズ以上のカバンは持ち込み不可なので透明のビニールへ

 

筆記用具や財布などを移して持ち込みそれ以外はロッカーへ入れる決まりです。

 

少しの本は普通の図書館のように本棚にありますが

 

ほんの一部なので地下に保存されている書庫からはデータベースから

 

見たいのをチェックして係の人に取りに行ってカウンターで渡して

 

もらいます。中にはデータ化されていて備え付けのパソコンでそのまま

 

閲覧するということもできました。

 

昔の本もたくさんあってその中で一つ選んで閲覧していましたが

 

昭和3年刊行の「軍用犬ノ飼育ト訓練」という

 

陸軍が著者の訓練書です。

 

基本的に漢字とカタカナで少々読みにくくはありますが

 

内容がとても興味深く、昭和3年でしたが私が平成に入って習った

 

骨格構成、解剖生理がしっかりと描かれて名称も漏れることなく

 

全て書かれていました。その時代から犬の解剖学は明確にされていたのですね。

 

「停座」「伏臥」「持来」「障害物の通過」など現在の訓練で

 

耳にする言葉がずらりと並んでいますが、中でも

 

警察犬でも盲導犬でもない訓練内容、「軍用犬」としての訓練が

 

とても注目する内容でした。

 

  • 音響及光ニ慣レサスコト
  • 猥(みだり)ニ食物ヲ採ラナイコト
  • 遊泳
  • 負傷兵捜索

 

音響や光とはおそらく銃声や爆撃のことかと思われます。

 

そして食物を採らないこととは、戦時中の栄養状態の極限から

 

犬も食欲という本能をコントロールすることを強いられていたのですね。

 

また遊泳、負傷兵捜索は実際写真が載っていましたが、

 

犬を連れた兵士が森の中や藪を歩いているものでした

 

場合によっては川を渡ったり水に入って指示通り動くことも

 

当時は軍用犬として必須な項目だったのが伺えます。

 

 

 

その日は1時間ほど国会図書館に滞在して雰囲気や利用の仕方に

 

慣れた程度でしたが、次は終日滞在して本を貪ってもいいなと思える

 

環境でした。勉強や研究に最適な場所です!

 

ただ18歳未満は利用できないので大学生になってからになりますが

 

近くに住んでるのは本当にラッキーだと思うので

 

子供たちも是非 あらゆる勉強に活用してもらいたいと思いました。

 

記事のタイトルの創立理念は国会図書館のものです。プラチナではありません(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは今日のわんこ   スタァトゥーー!!

 

 

 

 

ロンチのこころ

 

今日も可愛いこころちゃん全体を揃えています

 

 

おばあちゃんですがとてもふんわりとしたコートで

 

 

とってもボリューミーで若々しいこころちゃんです

 

 

少し目がしょぼしょぼしておねむな表情ですね♩

 

 

こころちゃんが来るととても癒されます〜 (*´ω`) ホッコリ

 

 

 

 

 

プーのマロニエ

 

今日もアルパカカットの個性的なマロニエちゃん

 

 

だいぶコートも伸びて少し毛玉ちゃんだったので

 

 

前回より少し短めのアルパカカットにしています

 

 

足の毛をガジガジしてセルフトリミングしてくれていますw

 

 

表情がとても可愛い愛らしいマロニエちゃんです♩

 

 

 

 

 

ミックスのモコ

 

今日もとても甘えたさんでアイコンタクトで甘えてきます

 

 

ちょいと目を離すと、「ワタシ、ゴロンシヨウカ❤」

 

 

そしてちょっとこちょこちょってするとゴロリンコ♩

 

 

手を休めるとすぐに「チョット、ナデテクダサイヨ⭐」

 

 

と言わんばかりに目配せしてくるモコちゃんですw

 

 

 

 

 

 

ミックスのマロン

 

ふわふわのポメのような毛質のマロンちゃんです

 

 

8ミリのバリカンですっきりとサマーカットにしています

 

 

とってもマイペースで愛嬌たっぷりのマロンちゃん

 

 

笑顔に人懐っこさと愛らしさがにじみ出ていますね

 

 

マロンちゃんの耳を見ると思い出す、ウルトラの母w

 

 

 

 

 

 

プーの福

 

いつもの元気でいつものテンションで来てくれた福ちゃん

 

 

足先はバリカンで清潔に汚れ対策バッチリ⭐

 

 

ほんっとにいつもパワフルで陽気な福ちゃんですが

 

 

福ちゃんのママさんと福ちゃん、全く同じキャラです♩

 

 

いつも元気で陽気なお人柄❤見習いたいです!

 

 

 

 

 

 

 

 

最後まで見てくださりありがとうございました♩
にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ←見たよのしるしにポチッとな。
にほんブログ村←バナー画像が出ない人はこちらをポチッとな。





木津川市にある犬の美容室 
ドッグサロンプラチナ

 

 

 

 

 

 

最近の記事はこちら!

JKCの愛飼管理士、大阪秒で締めきり  クイックストップひっくり返したら泣く


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

4月のお休み


06日(月)
13日(月) ・14日(火)
20日(月)
27日(月)

watch

mobile

qrcode

ワンコ検索できます!

ぷらちなワンコ

(享年10歳)
気は優しくて力持ち。子犬の頃に観月ありさと競演したことがあるタレント犬。 ペッピンさんですが男の子と間違われる秋田犬です。

オペラ (享年13歳)
プラチナの息子。とっても甘えん坊でお人よし唯一なつめに立ち向かう勇敢ボーイのアメリカプードルです。

カノン (享年10歳) nyonnti.jpg
旦那のA級ライセンスのパートナー。風船太郎のような体とお顔でとっても愛嬌たっぷりの肝っ玉かあさん。なつめも育てたビションです。

はてな (享年14歳)
陰気フェイスで実は陽気なKY野郎。2歳ぐらいからうちにやってきた前の名前はモモちゃん。食べ物みると目の色が変わる食いしん坊。???って顔してるから命名されたイングリッシュコッカーです。

ぷらちな (享年17歳) pupu.jpg    
オペラの母。嫁の本格ショーデビュー犬。現役時代はとってもきれいなお顔で気品あふれる雰囲気でしたがいまやしいたけカットが似合うお茶目なおばあちゃんのアメリカプードルです。

rush
タンゴの母。気弱なお嬢、実は血統抜群の隠れお姫様。控えめすぎて尻尾振りながらほふく前進で近づくのが得意なイギリスプードル

タンゴ

rushの息子。イケイケどんどん、いつも主人公の勘違いボーイ。愛想だけで世の中渡っていけると思ってるイギリスプードルです。

ブラン (享年9歳) bran
嫁の初代犬。永遠の相棒、おっちょこちょいの優しいおてんば娘。忠誠心はピカイチでいつも心にいるシェパードです。

ポルカ (享年8歳) polka
旦那の初代犬。優しさにあふれた究極の相棒。雷で波板をぶち破って2日間他人の家に居候していた愉快なパートナーのバーニーズです。

ケリー (享年12歳)
嫁のA級ライセンスのパートナー。ビックリするぐらいのドワーフでフルコートが奇跡的☆猫のような性格で存在を消せるぐらいの寡黙ガールのアメリカプードルです。

ランキング参加中

にほんブログ村 犬ブログ 犬 トリマーへ

人気ブログランキングへ

Amazonサーチ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM